FC2ブログ

アスペルガーな愛娘

長女はアスペルガー症候群という広汎性発達障害です。 長女がアスぺルガー症候群と診断されるまで・・・ そして診断されてからの成長記録。最近教えていただいた行動分析学をもとに生活しています☆

 

プロフィール

ふくちゃん03

Author:ふくちゃん03
ご訪問ありがとうございます。
はじめまして。専業主婦です。(1974年3月生)
7歳年下(1981年2月生)のもしかしたら何らかの発達障害があるかもしれない旦那様と長女(2005年4月生)(アスペルガー症候群)次女(2008年2月生)(定型発達)との4人家族。いろいろありますが楽しく?暮らしております。
最近教えていただいた行動分析学を生活に取り入れることにより以前より穏やかに暮らせるようになりました^^

クリック一つで
募金ができます。
イーココロ!クリック募金
お気に入りです
カテゴリ
いつでもお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
夢を叶えるために

presented by 地球の名言

名言・格言集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペっ子長女2年生後期個人面談

昨日は長女の後期個人面談でした。

最近はクラスもかなり落ち着いているようです。
長女が怪我をした時に病院へ行ってから学校に送っていったとき
クラスの様子をみて「随分落ちついたなぁ。」と感じました。

以前みたいにふざける子や歩きまわる子もいませんでした。

先生は今クラスのみんなと交換ノートをしています。
少し前に長女のランドセルから見覚えのないノートが出てきて
長女に聞いたら先生が嫌なこととか先生に聞いてほしいことがあったら
何でもノートに書いて欲しいと言ってクラスの全員に配ったそうです。

先生がそういう行動をしてくれたおかげで子供たちの中でも
先生に対する信頼のようなものが生まれクラスも落ち着いたのかもしれません。
今クラスの人間関係はとても良好です(^-^)

問題は。。。。お勉強です。
漢字のテストでまたやってしまったようです。。。。
1年生の時に漢字のテストでどうしてもはなまるが欲しくてノートを見てしまうという事件がありました。

今回はどうやら筆箱の中に書いていたそうです。
何故先生が長女がなにか見ていることに気付いたのかというと
漢字のテストはずーっと0点だったそうなんです。
なのにいきなり7点を取ったので「あれ?」と思ったそうです。

そして長女に事情を聞いたそうです。
でも先生は長女を責めることはしなかったそうです。
何故かというと私が長女の1年生の時のことを話していたから。
漢字のテストは長女にとってトラウマになってしまっているんです。

ただいけないことはいけないことなので注意はして
でももしかしたら自分自身がプレッシャーを与えてしまっていたのかもしれないと
先生が責任を感じてしまっていたみたいで。。。

なのでそれからは漢字のテストも「宿題から出るよ。」というヒントを出してくれたり
点数はつけずにあっている場所に丸をつけるだけにしてくださったり
いろいろ工夫してくださっています。
本当にありがたいです。

最初はイロイロありましたがイロイロあったおかげで
先生との信頼関係も築けたので今となっては良かったと思っています(^-^)

それにしても漢字のことでここまで尾を引くとは思っていなかったので
びっくりしました。
今はもうしていないそうですが3年生になったらまたわからないですよね。
本当になにか対策考えないと。。。。






関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

秘密

   
行動分析学

 行動分析学レビュー

漢字練習

楽しく勉強☆漢字マインドマップ

フリーエリア

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。