FC2ブログ

アスペルガーな愛娘

長女はアスペルガー症候群という広汎性発達障害です。 長女がアスぺルガー症候群と診断されるまで・・・ そして診断されてからの成長記録。最近教えていただいた行動分析学をもとに生活しています☆

 

プロフィール

ふくちゃん03

Author:ふくちゃん03
ご訪問ありがとうございます。
はじめまして。専業主婦です。(1974年3月生)
7歳年下(1981年2月生)のもしかしたら何らかの発達障害があるかもしれない旦那様と長女(2005年4月生)(アスペルガー症候群)次女(2008年2月生)(定型発達)との4人家族。いろいろありますが楽しく?暮らしております。
最近教えていただいた行動分析学を生活に取り入れることにより以前より穏やかに暮らせるようになりました^^

クリック一つで
募金ができます。
イーココロ!クリック募金
お気に入りです
カテゴリ
いつでもお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
夢を叶えるために

presented by 地球の名言

名言・格言集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝突事故

一昨日長女は学校がお休みでした。
土曜日に学習発表会があったため代休です。

いつも代休の日は二人でお出かけします。
次女が生まれてからというもの長女と2人の時間はないに等しいので
長女だけがお休みの日は長女と出かけ
次女だけがお休みの日は次女と2人でお出かけをします。

一昨日は長女だけがお休みだったので長女が今ハマっているアイカツ!!ゲーム
やりに行こうとスーパーまで自転車で行く途中に車とのショウトツ事故を起こしました。

幸い長女には怪我もなにもありませんでしたが
自分の子供が目の前で車とぶつかってしまうというのは・・・やりきれないです。
一人になると思い出してしまって何とも言えない気持ちになります。

いつも長女は私の後ろを走っています。
で、一昨日も最初は私の後ろを走っていたのですが
おじいさんの車が急に私の目の前に来たので私が止まったら
長女は私の自転車にぶつかりそこから何故か道路に出てしまったんです。

バスもスピードは出ていなかったしすぐに私が引っ張ったので特に何もありませんでした。
でもその事で後ろを走らせるのが怖くなったので私の前を走るように言いました。
そして私の前を走ることになった長女は車にぶつかりました。

ちょうどT字路で車が右折しようとしてたところにぶつかりました。。。
右折しようとしたところだったので特にスピードも出していなかったし
おそらく自転車への衝撃もそんなにひどくなかったのでしょう。
自転車も長女も無事でした。

だけど大通りに面している場所でのショウトツ事故だったので
一歩間違えば大通りへほおり出されてほかの車にひかれてしまう可能性もありました。
そう考えると怖くて仕方がありませんが長女は自転車に乗らないとは言いません。
というよりもそもそ自転車に乗らないという選択肢は長女の中にないのです。

ならば長女の何がいけなかったのかをきちんと伝えそれを修正していくしか手はないです。
長女の自転車を乗っている後ろ姿を見ていて今まで事故に遭わなかったのが奇跡だと思いました。

まず右、左の確認をかなりおろそかにしている。
私の後ろにいると私を見ていればいいと思っていて自分で確認することをしなくなる。
信号がないと横断歩道があっても止まらない。

普段からそうですが【確認】ということをしないのです。
普段の生活の中でも【注意力】というものがまるでありません。
まるでというのはいいすぎかもしれませんがかなり欠けています。

いままでも分かっていたのに私がきちんと指導できていなかったのだと思いまます。
なのでこれからは私も気を引き締めて指導していく必要があります。
自転車だけでなく普段から生活態度を改めなければいけないと痛感しました。




関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

記事を読んでびっくりしました!!
本当に怪我がなくて良かったと胸を撫で下ろすと同時に…うちも人ごとではないんですよね…
よっくんと外を歩くと、危なっかしさで私は目の色が変わります。

これに関連してずっと前から気になっていたことなんですが、大人になったアスペの人たちは車の運転ができるようになるのかと?
知り合いのアスペ一家さん達の話を聞く限り、実際に運転している人も毎日同じ通勤路だけだそうで、それも慣れるまで相当車をぶつけまくっているとか…
恐ろしくて、私はよっくんの将来を案ずるしかできません。
彼は大人になったら車の運転をするのが夢なのですが、その頃にはコンピューターによってアシストを受けながら安全な運転ができる時代になっていることを願うしかありません。

コメント一覧

私も衝突したことがあります。

自転車ではないですが、
横断歩道を走っていて車に衝突されたことがあります。
それ以来、車が怖くなり、半年くらいはなかなか横断歩道を渡れない日々を送りました。

自転車でも、商店街の壁に突っ込んだりといろいろやらかしました。

今思えばとても危険だったと思います。

やっぱり責任を持ってそう言うことは(私の場合妹ですが…)伝えなければいけないと思っています。
特に、末っ子が私とほぼ同じ傾向を持ったアスペルガーなので…。

やっぱり道路は危険ですねσ(^_^;)
右左の確認、私も怠らないように気をつけます!

コメント一覧

大したことにならなくて本当によかった。
命に係わることは繰り返し、徹底させることは大事ですね。
この頃は決まりを守っていても無謀な運転者が突っ込んでくる時代です。用心するに越したことはありません。
子供のしつけは一度ではできません。繰り返しが大事です。命を守るためにも今後も教えてあげてくださいね。
本当に怪我がなくてよかったー。

コメント一覧

Re: タイトルなし

こまり@さん

どんな人にでも起こりうる事ですよね。
これは障がいがあるとかないとか関係のないことだと思います。

アスペでなくても注意力がかけている子は多くいます。
なのでアスペとか関係なく指導していくことが重要なんだと思います。

うちの旦那さんは発達障がい傾向にある人ですが運転手ですよ^^
しかもトラックで配送をしています。毎日違う場所へのルート配送です。
道を覚えるのは大変そうですが今はカーナビも進化してますから。

運転が好きな人でマニュアル車に乗りたくて仕方ないです。
そしてマニュアル車では無事故無違反なのに
オートマだと3年に一度講習に行く感じです。。。

きっと自分にとって何があっているかなのだと思います。
よっくんが運転をしたいと願っているのならきっと運転の能力は発揮できるのだと思います。
アスペじゃなくても車をぶつけまくっている人はたくさんいますよ(^-^)
私は免許がないので何とも言えませんがうちの旦那さんには「免許取らないで。」と
遠まわしに言われます。。。「死にたいの?」って(;´∀`)

コメントありがとうございました☆

コメント一覧

Re: 私も衝突したことがあります。

西野さん

同じようなことがあったんですね。
半年も横断歩道を渡るのが怖いのは辛かったですね。

長女もいろんなところによく突っ込んでますよ。
ブレーキをかけるのが遅いんですよね。

だけどアスペじゃなくても同じことはたくさんあります。
私が長女にどんな指導をしていくかただそれだけです。

次女には発達障がいはありませんが心配な気持ちは同じです。

コメントありがとうございました☆

コメント一覧

Re: タイトルなし

よたろうさん

今回のことで徹底して教えるということの本当に意味をわかったような気がします。
私も甘かったし感情的になりすぎて本当の意味での指導ができていなかったんだと
考えさせられました。
今回の事故を無駄にしないようにこれからは繰り返し繰り返し何度でも教えていきたいと思います。

ご心配おかけしました。

コメントありがとうございました☆
   
行動分析学

 行動分析学レビュー

漢字練習

楽しく勉強☆漢字マインドマップ

フリーエリア

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。