FC2ブログ

アスペルガーな愛娘

長女はアスペルガー症候群という広汎性発達障害です。 長女がアスぺルガー症候群と診断されるまで・・・ そして診断されてからの成長記録。最近教えていただいた行動分析学をもとに生活しています☆

 

プロフィール

ふくちゃん03

Author:ふくちゃん03
ご訪問ありがとうございます。
はじめまして。専業主婦です。(1974年3月生)
7歳年下(1981年2月生)のもしかしたら何らかの発達障害があるかもしれない旦那様と長女(2005年4月生)(アスペルガー症候群)次女(2008年2月生)(定型発達)との4人家族。いろいろありますが楽しく?暮らしております。
最近教えていただいた行動分析学を生活に取り入れることにより以前より穏やかに暮らせるようになりました^^

クリック一つで
募金ができます。
イーココロ!クリック募金
お気に入りです
カテゴリ
いつでもお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
夢を叶えるために

presented by 地球の名言

名言・格言集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペっ子長女敏感なだか鈍感なんだか。。。

長女はすごく敏感だと思いきやかなり鈍感なところも多々あります。

長女の嗅覚過敏にはかなり悩まされることも多いです。
車やバスは独特の匂いがあるので結構辛い時も多いようで
絵画教室に行く時のバスの中は私でも感じるので長女はもっと・・・
なのでアメちゃんなどは必須アイテムになっております。

だけど鈍いところは本当に鈍くて・・・
一番困るのはお風呂のヌルヌルがとれていないこと・・・

長女は今はほぼ一人でお風呂に入るのですが
長女の後にお風呂に入ると洗面器から蛇口からシャワーまで全てヌルヌル。。。
そして今日長女の後の次女が入るというので
私も次女の体を洗うためにお風呂場に一緒に行くと
次女が滑ってしまいました(><)

幸い怪我もなかったから良かったのですが流石にこれは【教えておかないとイケナイ】と思い
長女を呼びヌルヌルになっている洗面器を触らせてみました。

私 「長女の後にお風呂に入るとこうやってヌルヌルしてること多いんだけど
   これヌルヌルなのわかる?」と触らせてみました。
長女「・・・うん・・・」と微妙なお返事。
またお風呂から上がってから聞いてみましたがわからないっぽいです。
そして長女は人一倍足の裏の感覚が鈍いです。

これはもう徹底的に教えこむしかないと思いました。
これからはお風呂を上がるたびにチェックをしてヌルヌルしているところと
していないところの違いを教えていくしかないと。

感覚というのは人それぞれなので自分がわかるから
相手もわかって当然ということはありません。
これは発達障がいがあるなしに限った事ではないです。

私も以前は「何でこの子こんな当たり前のことがわからないんだろう?」と思っていました。
だけどひつこいようですが昨年の衝突事故がきっかけでそういう考えは一切無くなりました。
【当たり前】と決めつけている感情こそが人を追い詰めてしまうんだと考えるようになりました。

【わからないものはわからないんです】ならば【わかるように教えればいいんです】
【わかるように伝えてあげればいいだけなんです】

それを【何でわからないの?】と言ったところで何も変わりはしません。
なので私は長女がお風呂のヌルヌルの感覚がわかるようになるまで教え続けなければいけません。

ヌルヌルした感覚がわかるというよりはヌルヌルしている場所と
していない場所の違いがわかればいいと思ってます。

自分は不快に感じないことでもほかの人は不快に感じることもあるし
お風呂がヌルヌルしてると怪我にも繋がりかねませんから。

で、旦那さんにも長女がお風呂のヌルヌルした感覚がわからないらしいと伝えました。
旦那さんは以前から長女のお風呂の後のことは言っていたんですけどね。

そして今日そのヌルヌルしている洗面器を触らせてみたけど
あんまりその感覚がわかってないみたいだということも伝えました。

これからの対策として
「毎日教えていくしかないよね。だってわからないものはわからないんだもん。
 私にも理解できないことはたくさんあるしね^^怒っても仕方ないし。」と。

旦那さんは長女に「良かったなぁ。長女。ふくちゃんがママで。
         俺もふくちゃんの子供が良かったなぁ。」

旦那さんは継母に怒られ殴られ挙句の果てには施設に入れられ
育った人なので余計にそう思うのかもしれません。
<旦那さんも発達障がい傾向にある人です>

私は今長女の母親として自分ができることをやっているだけなのですが
それを認めてくれる人がそばにいるというのは嬉しいものです。

私にとっては普通のことで誰に認められたいとかは考えたことはないのですが
「俺もふくちゃんの子供が良かったなぁ。」という言葉で私は救われています。

まだまだこれからいろんなことがあると思いますが行動分析学のおかげで
私は自分を見失わずに家庭円満に過ごせているのだと最近は特に思います。




関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

No title

コメントありがとうございました!
私もこれからもふくちゃん03さんご一家を応援しています。
よろしくお願いします♪

感覚過敏とその逆・・・それが生きていく上で一番の壁ですよね、マイノリティーを如何にお互い理解していくかですもんね・・・

“なんで〇〇なんだろう?”と言う感覚は、私達が発達障がい児に対しtて抱く以上に、アスペさんのほうが世の中の一般的な考えに対して強く思っているんでしょうね、きっと。

だからとにかくたくさんの事を教えて伝える必要がありますもんね。その教え方伝え方も簡単ではないですが(笑)

難しいようで単純なことで、でも奥が深くて・・・実に手間が掛かる・・・

中学生・高校生・大学生・社会人になっても、その時々で“一般的なより良い方法”を教えてもらわなければならないことがあるでしょうから、親としても一生心配でなりません。

でもいづれは自分自身の力に自信を持てる人になって、親の心配を跳ねのけてくれるだろうと願っています。

コメント一覧

Re: No title

こまり@さん

感覚は本当に人それぞれですもんね。
なので【普通は・・・】とかそういうことを考えるのはやめました^^

発達障がいにある・なしにかかわらず人にとっての価値観だったり考え方は違うものだと思ったんです。
でもそこで【普通は】となってしまうのはただ単に自分の考えを押し付けているのだけではないのかなと。

でも一般常識的な事は教えていかなければいけないと考えています。

コメントありがとうございました☆

   
行動分析学

 行動分析学レビュー

漢字練習

楽しく勉強☆漢字マインドマップ

フリーエリア

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。