FC2ブログ

アスペルガーな愛娘

長女はアスペルガー症候群という広汎性発達障害です。 長女がアスぺルガー症候群と診断されるまで・・・ そして診断されてからの成長記録。最近教えていただいた行動分析学をもとに生活しています☆

 

プロフィール

ふくちゃん03

Author:ふくちゃん03
ご訪問ありがとうございます。
はじめまして。専業主婦です。(1974年3月生)
7歳年下(1981年2月生)のもしかしたら何らかの発達障害があるかもしれない旦那様と長女(2005年4月生)(アスペルガー症候群)次女(2008年2月生)(定型発達)との4人家族。いろいろありますが楽しく?暮らしております。
最近教えていただいた行動分析学を生活に取り入れることにより以前より穏やかに暮らせるようになりました^^

クリック一つで
募金ができます。
イーココロ!クリック募金
お気に入りです
カテゴリ
いつでもお待ちしてます

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
夢を叶えるために

presented by 地球の名言

名言・格言集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペっ子長女を謝らせるために

長女を謝らせるには。。。

うちの長女は自分が悪い事をしたことが分かれば基本的には謝ります。
だけどここには【大きな落とし穴】があることがわかりました。

長女が謝る相手というのは【自分を許してくれる人限定】だったんです!!
だから【謝っても許してくれない相手には謝らない】
で、うちでは旦那さんが基本的に長女を許そうとしません。

長女は旦那さんがいると何だかテンションが乱れます。
もちろん悪い意味で・・・
いつもなら言わないようなことを言ってみたり
勉強もできなくなったりします。

長女にとって旦那さんは超刺激物なんです。

そして言ってはいけない事を言ってしまいます。
昨日は帰ってきた時に「おかえり~。」ではなく
ふざけて「バカ~。」と言ってしまいました。

そこで旦那さんは特に怒りません。
私に言います。
「聞いた?今バカ~がお帰りの意味って言われたんだけど。」
私 「じゃぁこれからママも長女が学校から帰ってきたら
   「バカァ~」って言おう(^-^)」
長女「やだっ!」
私 「じゃぁ何か言うことあるでしょう。」
長女「・・・・・・・。」

そして旦那さんは何故かお菓子を食べ始めました。
食べたい長女は「ちょうだい。」と言いますが
旦那さんは「バカからもらいたくないだろう?
      俺バカだからあげないよ。」と一言。
長女「ごめんね。だからちょうだい。」
<コイツ人のことバカにしてんのかヽ(`Д´)ノ>
と心の中で呟きました。。。。

長女は「何かわからないけど言っちゃうの。」と言います。
わからないけど言ってしまう。正直一番たちが悪いです。。。。

だけど口から出てしまった言葉は取り消せないので謝るしかないんです。
そして私は「父に謝りなさい。」と言いました。
すると長女は「どうせ謝ったって許してくれないもん。
       だから謝っても仕方ないんだもん。」と言いました。

ここで初めて気がつきました。←<だからいつも気づくの遅いから(´Д`)ハァ…>

私はいつも感情的に長女を怒っていたのでわからなかったのです。
何で長女が旦那さんにだけ謝らないのか。

でも今回だけはきちんと謝らせなければと思いました。
相手が許す・許さないの前に悪いことをしたら謝らなければいけないんです。

だけど長女の中で
【悪い事をした→許してもらえる→謝る】の図式が完全に出来上がっていて
【悪い事をした→許してもらえない→謝らない】になっているんです。

長女はいつの間にか【謝ること】よりも【許してもらえること】の方が
大事になってしまっていたんです。
コレも何度も言いますが私の責任です。

なのできちんと謝らせました。
「相手が許す・許さないなんて事は関係ないの。
 悪いことをしたら謝らなければいけないの。」と言い続けました。
絶対に謝らせなければとこちらも必死です。
長女と格闘すること2時間。←もうヘトヘトですよ(><)
やっと謝りに行きました。

でね、ここでも旦那さんは長女が謝っても
「えっ?何が?」って・・・
長女は「謝ってるのに聞いてくれない・゜・(ノД`)・゜・」と
大泣きして戻ってきました。

だけどいいんです。
相手がどうこうではなく悪いことをしたら謝る。
コレが人間の基本です。
謝ることが出来た長女には「謝れて偉かったね(^-^)」と言いました。

そして私は気がついたんです。
旦那さんが何故長女のことだけ許さないのか。
わざとです。

世の中謝っても許してくれる人ばかりではない事は
彼が一番よくわかっています。
それでも謝らなければいけない時がある。

きっと彼は自分の幼少期と長女を重ね合わせています。
自分ソックリなんでしょうね。
謝れないとことか。
それがわかるからあえて許さない方法を選んでいたようです。

長女がお風呂に入っている時に旦那さんが
「今日は珍しく切れてたもんね。」と言いました。
怒鳴ったわけでもないです。
地味に切れていました。
私 「うん。相手が許すとか許さないとか関係ないもんね。
   ちゃんと謝らせなきゃいけないと思って。
   長女を謝れなくしてたのは私の責任なんだよね。」
旦那「うん。」
私 「旦那さんにももう許してあげなよぉ。」とか言ってさぁ。
旦那「うん。(゚д゚)(。_。)_。)」
私 「ごめんなさい。」

何だかね旦那さんの長女に対する大きな愛情?みたいなものを感じました。
長女の将来を誰よりも心配しているのでしょう。
これで自分できちんと長女に伝えられるスキルがあれば完璧なんですけどね(^-^)

でも旦那さんと長女はいい意味でも悪い意味でも
お互いに刺激をし合ってしまう仲なので
私は中和剤にならないといけないのです(;´∀`)



関連記事

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

コメントの投稿

秘密

   
行動分析学

 行動分析学レビュー

漢字練習

楽しく勉強☆漢字マインドマップ

フリーエリア

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。